忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/21 21:19 |
■宣伝材料撮ってきました~■
お疲れ様です。みなさん、GW楽しんでますか。

というわけで、29日は海近くの某公園に撮影に行ってきましたー。
今はその画像の編集作業中です。


今回は2人組の子達の撮影でした。
宣伝材料写真として、複数人を扱うのは初めての経験です。




付き添いの方を含め四人で、あまりカメラを意識しないスナップ感覚の撮影という感じです。

途中99SHOPで小道具を買って、遊んでもらいながらの和気藹々としたところをパシャパシャと。


楽しみつつといった感じであるにせよ、そのお二人にとっては大事な宣伝材料。
付き添いの方から二人への指示も入って適度な緊張感もあり、その業界での売り込みの厳しさも垣間見えました。

一対一の撮影が多い自分としては、とても学ぶことが多かったです。




ところで・・・

このブログは、自分自身の勉強ノートの役割も兼ねているので、あえて反省点も公開してしまいます。



一人だと、その人の個性を十分に考えてあげる余裕がまだちょっとはあるのですが、二人の個性のを見極めて、それぞれに合わせて接してあげる事がなんと難しい事か。

二人ともとても明るくてハツラツとしていて、逆に年上の自分の方が助けられていたのですが、二人にとってやりやすい環境にしてあげられたかと言うと…(^^;


二人を追っかけての屋外での撮影で、今回特に課題として残ったのが『欲張って二人を交互に撮ろうとすると、露出あわせが大変な事になる。』
という事でした。

単純に言うと、片方が順光の時は、片方が逆光になるという事です。

これは、場面によって測光方式を工夫すれば対応出来るんだろと思いますが、マメにバストアップ⇒全身⇒もっと引いた作品撮り、と切り替えて撮影する自分にはそれでも対応しきれないかもしれません。
(スナップ的な撮影であるにも関わらず、宣伝材料としての写真作りも意識しなければならないというのはある意味ブライダルの撮影と似た緊迫感があります)

最近マニュアルで撮影していたのを、今回絞り優先で撮ってみたんです。
その方が素早く場面に応じて対応出来るのではと考えたので。
だけど今回のような、状況のコロコロ変わる撮影の場合はむしろマニュアルで、ある程度シャッター速度は固定で、絞りで明るさをチョコチョコ段階的に変える方が早いし、明るさの仕上がりにバラつきがなく安定する気がします。



と、かように(笑)反省点は技術的な部分から始まり『こう撮ればよかった~』『こういうポーズも撮ればよかった~』などという風にいくらでも湧いてきます。

一つ一つ具体的に反芻・検証して、自分の身に付けていきますm(_ _)m




■今回撮影させてくれたお二人、そして付き添いの方へ

撮影お疲れ様でした。

至らない部分が沢山あったと思いますが、確実に次へ活かしますので、また機会があれば、宜しくお願いいたします。

P.S.
実は翌日ものすごい筋肉痛でした。
PR

2007/05/01 17:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | フォトグラファー道

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<更新更新 | HOME | ■名古屋大学風景作品掲載しました■>>
忍者ブログ[PR]