忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 14:42 |
『だいどんでん!』アップしました!
先日のブログでもちょっと書きましたが、

第9回さっぽろパフォーマンスカーニバル
『だいどんでん!』

の様子の一部をホームページにアップしました!!


Unacademic

の【STREET】っていうページをご覧下さい。












今回スナップを撮らせていただいたのは
以下三組の方々です。



 歌・踊・エコの融合 男鎌田真吾さん


 シンガーソングライター 児玉梨奈さん


 マジシャン 天河磨月さん



掲載にあたって、快くOKを頂きました。
本当にありがとうございます!!













もっとバランス良く色んな方の写真を撮ればよかったかな?
とも思いましたが、この3名の方々のパフォーマンスで既に大満足してしまってシャッターを押す気力が残っていませんでした




写真を撮るのに夢中になりすぎても楽しめないし

観るのに夢中になりすぎても写真が撮れないし




でも、そんな葛藤も楽しかったんですけどね(笑)

















今回つくづく「生のパフォーマンスっていいなあ」
と思いました。

演劇にほんとにちょっとだけ、関わらせて頂いた時期があったんですけど
そんな時の事を思い出します。

今はそんな度胸がないので「観る方が楽しい」と思ってますが
それでもこうやって撮ったり見たりしていると

「いいなあ」

と思っている自分も、ほんのちょっと居ます。










観る側

魅せる側

得られる満足の種類は違いますよね。


でもその場が一体となる瞬間もあって、
そんな「向こう側」と「こちら側」が繋がる瞬間に










「入れ替わりたい!」










とか思ったりして(笑)

当然、そんな事は無理なわけで

シャッターを押すのも
そんな無茶な自分の欲求からなのかもしれないなあ。
PR

2009/09/10 00:48 | Comments(0) | TrackBack(0) | 長い長い夏休み編
★ノージャンルシンガーソングライター -児玉梨奈-★
今日はもうお一人

【だいどんでん!】で発見した素敵なパフォーマーさん。




本日一つ目の記事にも書きましたが
【だいどんでん!】はさっぽろの、大道芸を初めとしたパフォーマンスのお祭りです。






そして今回紹介するのは
ノージャンルシンガーソングライターの

『児玉梨奈』さんです。



派手な衣装や音楽と華やかなパフォーマンス達に紛れての
「ギター一本とジーンズ」の超自然体なスタイルに一瞬で引き込まれました。


児玉梨奈さん

青いアコギが似合いますねー。


大好きです。こういうの。





カバー曲もオリジナルも知らない曲ばかりでしたが
なんて言ったらイイのでしょう
沁みる歌声でした。


そのスタイルと歌がちゃんとリンクしている
空とか自転車とか陽だまりとか、誰もが居て心地いい風景が見えてくる清々しい声。


透き通った高音と深く響く低音も魅力的です。


ボキャブラリーがなくて本当に申し訳ないのですが
ギターをFのコードで躓いてる上に、音符の読めない僕には
音楽についてはこんな表現しか出来ません。


こんな言い方は失礼かもしれないけど、曲の内容はもとより
彼女のとてもシンプルな歌声とその佇まいに魅せられて
「音と存在そのもの」に引き込まれました。

その存在が歌詞や曲をあらわしているんじゃないかな。





実は昨日もラストの曲だけ聴いてました。


その時は外国の人も座って聴いてた。
勝手な想像だけど、きっと言葉の壁を越えてたんじゃないかなあ(笑)


アコースティックギターもいいな。
あんなに軽快に弾けたら楽しいだろうな。


YouTubeに誰かがUPしているみたいだけど、是非興味のある方はライヴに出掛けて直接感じて欲しいと思います♪


あと、9月20日にCDを発売することになったそうです!

そちらも今から楽しみにしてます♪



以下は勝手にフライヤーよりライヴ情報のみ抜粋。



☆9/12(土) High Beans Cafe? とらいぶ 札幌市中央区南1条西24丁目リードビル
チャージなし 要ワンオーダー 19:00~19:30演奏予定(PAなし。生音演奏)※変更の可能性があります

☆9/20(日) かげライブ こだましい。 絵描きのyaekoさんの個展内で開催するコラボレーションライブ!
昼の部・夜の部(14時~、19時~予定。変更の可能性あり)で内容を変え、小細工や仕掛け沢山かなりコアなステージ…!
場所:札幌市白石区本通17丁目2-16(国道12号線沿い)駐車場は2台分お店の前にあります。
ヤエッ個展 かげだましい。9/15~20全日10:00~18:00(予定)/入場無料

☆10/11(日)音座なまらいぶ(小樽)パブ マッキンレー
小樽市花園1丁目11-21 16:00~17:00出演予定

☆他詳細未定 9/21~23定山渓
※野外演奏は時間が前後する可能性や、雨天時決行不明な場合があります.
野外・屋内、それぞれ違う選曲でまとめて参りたいと思います♪




抜粋、以上。

ブログだけじゃなくて、ホームページにも後ほど今日の路上パフォーマンスの様子はUPしようと思います。


Unacademic 是非ご覧下さい!
http://cola.chitosedori.com/

2009/09/06 23:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | 知人の活動紹介♪
★マジシャン -天河磨月- だいどんでん!★
今日は、

【第9回 さっぽろパフォーマンスカーニバル だいどんでん!】

に、ぷらっと出掛けてまいりました。




【だいどんでん!】っていうのは、僕は知らなかったんですが
今年で開催9回目になる、大道芸などのパフォーマンスのお祭りなんですねぇ。
まあおそらく9年前から始まったイベントだから、その間は東京に居たので知らなくても当たり前かもしれませんが、
それにしても去年の今頃は北海道(札幌)に戻ってきていたので、いかに仕事以外に関心を寄せる機会を逃していたかということですね。


えー、一応パフォーマンスのジャンルを書き留めておきましょう。

総合受付で頂いたパンフレットによると・・・

■ ジャグリング

■ マジック

■ パントマイム

■ 音楽

■ 音楽ステージ

■ ダンス

■ 伝統芸能

■ アート

■ 演劇

■ アート

■ アラカルト

と、これだけでも「おおっ」と思う数ですが、出演者数はなんと
100組1000人を超えるそうです!

今まで知らなかったなんて、損した気分です。

札幌って、ストリートのパフォーマンスをあんまり見ないので
こういう場があるのはとても素敵だと思います。
なにより、この場を作った人達が居るっていう事がもう、素敵ですよね。



さて、タイトルの「天河磨月」さんです。



ステージ(路上ですが、敢えて)は、市電内と南北線のコンコースで拝見。
見た目、素朴な人です。
「本当にこれからマジックをやるのかなぁ」なんて失礼ですが、思いました(笑)

しかし、始まってみると独特の口調で、とても雰囲気作りが上手い!
風船、ロープ、お菓子の容器、フォーク等のマジックでした。



天河磨月さん

後ろかぶっちゃいましたが・・・
風船を飲み込むところです!



別記する市電での”児玉梨奈”さんとのコラボレーションの時の
小さなお子さんを巻き込んでのマジックを見ていると、
本当に人の笑顔が好きなんだなぁと感じました。



あぁ、人を楽しませるって、こういう事だ。

素直に尊敬しました。



道外からのパフォーマーの一人として、天河磨月さんは埼玉からわざわざこのイベントに参加されたそうです。

余談ですが。




更に余談。




天河さんが路上パフォーマンスを始めたのは、
秋葉原の歩行者天国の、あの事件がきっかけだという事をお話されていました。

あの時失われた人々の笑顔を取り戻したい、という事です。




なんとなくこの方の素朴な人柄的に、あえてこんな「イイ話」をブログなんかに書かれるのは好まれないかもしれません。
ショー以上のアピールは好きじゃない方かもしれません。

でも僕は出来る限り、「こういう人が世の中に居るんだ」っていう事を知って欲しいと強く思いました。

ちなみに、興味があってWeb検索してみたんですが、
こちらからお仕事の依頼も可能なようです。

よければ一度ご覧下さい。

宴会本舗
http://www.enkai.co.jp/index.php


大きい写真は後ほど僕のホームページの方にも載せる予定です!
Unacademic
http://cola.chitosedori.com/

2009/09/06 22:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | 知人の活動紹介♪
『そうだよねー』という時間。
顔合わせ(?)と打ち合わせ(?)を兼ねて食事に行きましたー。

作品撮りの。

小さなカフェ&バーで、モデルさんが前から「何のお店なんだろう」と気になっていたらしいお店へ。




初め、入ろうとしたらドアが開かなかったので中を覗いたらカウンター内とカウンター席に一人づついて




「まさか、あの人達の貸切?」




と思って引き返そうとしたらドアが開き(笑)

パスタ、ピザ、ソーセージ・チーズの盛り合わせを頼んだんですが、どれも美味しかったです♪

ほとんど一人で食べてしまい
どんだけ腹減ってんだよって思われたかもしれません。



打ち合わせと書きましたが、「いきなり撮られるのは緊張します」との事で

「あぁ、なるほど。
 では飲みましょう。」

というわけです。



その辺鈍感になってました。



今までのパターンとしては、それを当日の朝のカフェとかで済ませていたりしたので、なんか新鮮です(おい)







ですよね。

緊張しますよね。


ステージ慣れしたプロのモデルさんでさえ、初めてのカメラマンに撮られる時は緊張するそうです。


だから、そういうコミュニケーションは相手が誰であれ、必要なんです。

フォトグラファーにとっても。






作品撮りは「自分が思い描いたイメージ」通りに撮る事が重要で

それも生身の人間や自然を相手にするものですから

「自分が思い描いたイメージに近づける為の偶然」を作り出す作業が大事になってくるわけです。




決して

「じゃあ、ここでは口角を2%くらい上に上げて下さい~」

「あ、眉毛はあと1mm下げて下さい~」

「3cm振り返って下さい~」

なんて事は言わないわけです。(意図して言う人もいるけど)



あくまでその場の「雰囲気」をフォトグラファーがコントロールしなければいけない。

コントロールって言うと聞こえが悪いけど、僕が考える「作品作り」っていうのはそういう事ですからね。

モデルさんが、フォトグラファーの意図している事を汲み取ってそれを反映してくれる、その反映の幅をどれだけ狭められるかは、モデルさんとのコミュニケーションの取り方にかかってくる。


ちょっとズレますが、もちろん「初対面の全く面識のない人を撮る」というのも、
初対面ならではの「読めなさ」を期待しての「コミュニケーションを取らないというコミュニケーション方法」ですよね。


今回は、あるストーリーを軸に作品を組み立てるので、
「コミュニケーションを取るコミュニケーション」である方がいいに違いありません。






でもね、事前の打ち合わせはちょっと、こちらからは遠慮しちゃうんですよ。

ただでさえ撮影当日は丸一日、モデルさんの大切な時間を拘束しちゃうし(^^;

なので、モデルさんからの申し出はとてもありがたいのです。

今回の場合であれば、そんな機会は山ほどあっていいのです(笑)

本当にありがとうございました♪





と、無茶苦茶な事を書きましたが、

今夜の食事会(?)ではかなりお互いのキャラクターを感じ取れたと思うので、大成功でしょう。

(どこまで話の内容に触れていいのかわからないので、一切触れませんがご了承下さい。)

年下の子なんですが、自分よりも随分しっかりとしたモノの考え方にかなり驚きました。

気付いたら「そうだよねー」を連発していた気がします。

根底にあるものがこれだけしっかりしているのなら、やっぱり声を掛けさせていただいて正解だったと思います。

彼女に会ってから描いた絵コンテも、普段の彼女とはきっと全然違うだろうけど、「なんとなく交わる部分」「交わらせると面白かろう」っていう部分があったし。








俺ってやっぱり人を見る目があるなぁ。










と自画自賛したくなる程です(笑)









なんのこっちゃの日記ですが、これでおしまい。

明日からはちょっと学校に通います。

2009/09/03 01:22 | Comments(0) | TrackBack(0) | フォトグラファー道
北海道再発見
今日は久しぶりの撮影!!

の予定でしたが、残念ながら雨模様だったので中止に(^-^;
それでも小雨程度なので、勿体ない!
というわけで、ロケハンです♪

実を言うと、ロケハンはこれで5~6回くらい来てる(体力作り?)んです(笑)
なにせ今回は自転車での遠乗り。
モデルさんの体力を考えて、出来る限り効率よく回りたいというのもありますが、通えば通うほど小樽までの道程の魅力、ロケーションの良さを発見してしまうんですね~。

今日は一昨日ルートの見直しをした時に暗くて気づかなかった、ちょっとかわいいものを見つけました。

帰ってからアップしてみたいと思いますので今夜辺り、また見てください♪

--------------------------------------

帰ってきました~。

というか昨夜ちゃんと帰ってきてたんですが、気になる撮影ポイントがあって山道を何往復もしてしまったため、帰ってからベッドに倒れこんでそのまま朝を迎えてしまいました(^^;

公約違反、すいません・・・


さて、肝心のロケハン内容なんですが、あえてここで公開するものなのかとも思いますが、今日は特に暇なので書いてみましょう。

1 まずは東区を自転車で出発して、集合場所予定地である発寒駅(の南西側)へ。
(そこで最初の書き込みというわけですが)

2 そして線路沿いを星置方面へ走り、

3 稲積公園駅の南西側から高架をくぐり北東側へ、再び星置方面へ。

4星置駅の連絡通路をくぐり国道5号線へ(この後、5までにキツめの上り下りが2回あります。ここをなんとか1回に省略したいので、11~探してます)。

5 「北海道保証牛乳」前のT字路から道道225号線の坂をおもいきり下って、
(※ここが今回の目的の最重要ポイントで、ここまでに辿り着く為に出来るだけ坂道が少ない最短ルートを探すのが今回の最大の目的でした。)

6 銭函駅到着。


7 銭函駅で、ようやく休憩して、

8 銭函海水浴場前を通過し、



打ち上げられたクラゲではなく、ちょっとおしゃれなテルテル坊主です。


9 小樽カントリー倶楽部旧コース(以下、OCCO)側から小樽ドリームビーチ(以下、ODB)の道に入る。

10 とりあえずODBのずっと端っこまで行って、再びOCCO側入り口まで戻り、

11 銭函駅から再び5号線までの急斜面を登り

12 5号線でほしみ駅までの最短ルートを探すために再び発寒方面へ走る。(5号線は坂が多いため、銭函の坂道)

13 ほしみ駅南口に入る道路があったが、北口側への連絡通路が無いので、キライチ橋より更に北西に戻り、二つ目の信号から北の道に入る。

14 ほしみ駅の北側に出ることが出来たので、後はほぼ一直線に発寒方面に戻り(今回はモデルさん抜きだったので、直接東区に戻りました)終了。

8:30頃に出発して、およそ17時くらいまでかけて戻ってきました。
ざっと、地図ソフトでルートを追ってみたところ、大体往復で5~60㎞の道のりでした。



ルートの感想としては

学生の頃に自転車で北海道を一周した時は、ランドナーという長距離ツーリング向きのタイプの自転車で一日100㎞を二十日間連続で走っていましたから、ママチャリ(正式名称は何なのでしょう)で50㎞走れば十分じゃないでしょうか。

切り替え付きじゃないと恐らくちょっとだけキツいですが、出来るだけ坂道を少なくしたルートなので、切り替え機能が無くても坂道は押してのんびり歩けばいいし、
女性でも普通に元気な方であれば、楽しめる(適度に一汗かいて、下り坂の爽快感を味わえる)コースじゃないかと思います。

と、文章だけで書いてもわかりづらいので、


2009/08/19 11:17 | Comments(0) | TrackBack(0) | フォトグラファー道

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]